にんげん様になりたい

高卒フリーターパニック障害持ちのわたしが社会復帰出来るか否か、のブログ。

あと五日で℃-uteが解散とか信じられないひとの話

こんばんは、トーコです。

6月12日に℃-ute解散してしまうううう。

未だにこの現実をどう受け入れれば良いのかわかりません。

正直に申しますとハロー!プロジェクトに所属しているアイドルで、一番好きで応援しているのはモーニング娘。で、℃-uteに関しては今までのシングル曲なら分かるかな?くらいの超ライトなファン(と言うのもおこがましいですが)なのです。

「わたしとハロプロ」はまぁそのうち気が向いたときにでも熱く勝手に語ろうと思っているのですが、とにもかくにも、こんな超ライトなファンでも℃-ute解散はかなしい。現場に足を運びまくったteam℃-uteさんたちのこれからも、なぜか心配してしまいます。

 

超ライトなファンではありますが、℃-uteのメンバー、二年前に無期限活動停止になったBerryz工房、所謂ハロプロキッズの子たちと自分は同世代で、ハローモーニングでのオーディションも観ていたので、近所に住むオバサンみたいな気持ちなんですよね、久しぶりに見たときは「あら~あんなにちっちゃかったのに大きくなったわね~」みたいな。同世代なのに。

オーディションで当時6歳だった萩原舞が「つんく♂とか来て楽しかった」って言うんですよ、推せる。たしかにAKBグループも同世代だけど、モーニング娘。然り思い入れがあるのはどうしてもハロプロなんですよね・・・。

f:id:tokyotouko:20170607172001j:plain

 

モーニング娘。を再び応援しだしたのが2009年頃、この頃はモーニング娘。のCDを買う程度で、他のハロプログループにそこまで興味はなかったんです。それこそさっきの「あら~あんなにちっちゃかったのにねぇ~」くらいで。熊井ちゃんがすごく大きくなってたのはびっくりしたけど。

ハロプロ全体を見るようになったのが2010年の後半からなので(亀井絵里卒業でいろいろ聴いてみようと思ったのが最初)、℃-uteBerryz工房もこのへんからはやや分かる。ややね。

良い曲も多くて楽しかったのと、こう日本人だから日本のことしか分からないけど、結構ロリータ文化だと思うんですよ。「女は若さが全てだ」みたいな。わかりますよ、大人になると寝起きが辛いし肌も荒れるし顔つきだって変わりますし。

そういうロリータ文化を取っ払って、純粋に「女の子が女性になる」過程や成長を、長いひとだとキッズオーディションから15年間、見てこられたのが℃-uteBerryz工房の魅力かなぁ~って思ってます。

 

そして何よりもつんく♂楽曲がグループに合ってるんだろうなぁというか。大人っぽいんだけど下品にならないラインというか。まぁ主にシングルしか知らないんですけどね( ´,_ゝ`)そのつんく♂楽曲に慣れたからか、2015年からの外部提供楽曲にはまだ少し違和感があります。好きなのもありますよ!

インディーズデビュー時は8人だったメンバーも、2010年には現在の5人に。

少し嫌なムードが漂っていたなか、2010年の夏に発売された「Danceでバコーン!」は℃-uteファンだけでなく、ハロプロファン誰しもが℃-uteの復活と再起の後押ししようと思ったはず。たぶん。

メンバーが減るのはさみしいことだけど、セーラームーンとかの戦隊物ってなんだか5人が多いじゃないですか。覚えてもらいやすかったりするのかな?


℃-ute 『Danceでバコーン!』 (MV) 2010年


℃-ute 『世界一HAPPYな女の子』 (MV) 2011年

ダンスバキバキ!攻め攻め!なナンバーも良いし、世界一HAPPYな女の子みたいな、可愛らしい曲もちゃんとハマるから良いよね。サビの片足持ってんのすげえ。

 

すごく踊ってるなぁと思ったのがこちら。すごく好き。


℃-ute 『愛ってもっと斬新』 (Dance Shot Ver.) 2013年

 

見ていてなんだか面白いというかバリエステみたいだなってハマったのがこちら。

℃-ute 『The Power』(Promotion Ver.) 2014年

 

つんく♂曲で好きなのはこの二曲。


℃-ute『次の角を曲がれ』(℃-ute[Turn the Next Corner])(Promotion edit) 2015年

「次の角を曲がれ」はちょっとGLAYっぽいというか、最初 あんまり℃-uteっぽくないなぁって思ったけどこういうさわやかで軽やかな歌を、さらっと歌えるんだなぁって。


℃-ute『人生はSTEP!』(℃-ute[Life is STEP!]) (Promotion Edit) 2016年

こちらも良き良き。衣装が少し残念なのでライブ版もオススメしたい。

これ踊りながら歌うの難しいよね、だけどこういった楽曲も歌いこなしちゃうんだから℃-ute姉さんたちすごい。ややアーティスト路線でアイドルらしくはないんだけど、くどくなくて胃もたれしないから好きですね。

 

他にもカップリングだと「あったかい腕で包んで」(2013年)、アルバム曲なら「★憧れMy STAR★」(2009年)と、超ライトなファンでも挙げたら切りがないくらい、素敵な楽曲が多いです。

これライブだと全部生歌なんだぜ・・・ダンスも全力なんだぜ・・・ハロプロが好きな理由のひとつがそれです。

 

上は25歳、下は21歳、女性としてまだまだこれからですし、もっと歌って踊っている彼女たちを見ていたかったけどそれも残り五日。わたしは身体も身体で、さいたまスーパーアリーナも映画館のライブビューイングも観られないけど、tokyoという片隅でラスト公演の成功を願うことにします。

できれば!出来れば本編最初と最後、アンコール最後の歌はつんく♂の楽曲であってほしい!!!帰りにうどん食べてくやつだと尚良い!

 

と、相変わらずまとまりがないですし、もっと波乱万丈なグループなのに掘り下げないってどういうことよって感じですが語り出したら止まらないのでここまで!

f:id:tokyotouko:20170607201348j:plain

 

わたしとハロプロはまだまだ続く!